ハイピッチのクレンジングオイルはマツエクにも使っても取れない?

ハイピッチのクレンジングオイルはマツエクにも使用できると口コミしているのを見かけます。

 

マツエクの接着剤グルーを溶かしてしまう成分が配合されていないのか、ハイピッチのクレンジングオイルの全成分を調べました。

 

パルミチン酸エチルヘキシル・ミネラルオイル・ポリソルベート85・オレンジ油・ユーカリ葉油・セスキオレイン酸ソルビタン・トコフェロール・フェノキシエタノール

 

こちらを見ると、ミネラルオイルと表示がありますね。ハイピッチのクレンジングオイルはミネラルオイルを含有しています。

 

しかし、本来ならミネラルオイルはマツエクには使用できないオイルなのです。

 

ミネラルオイルだけではありません。表示名は異なりますが、鉱物油、石油系オイルなども同様に、マツエククレンジングとしては使用不可能です。

 

よく調べてみると、ハイピッチのクレンジングオイルの公式ホームページにはマツエクに使用できますというような記載がありませんでした。

 

しかし、今ドラッグストアで販売されているハイピッチのクレンジングオイルにはマツエクに使用OKのシールが貼ってありました。

 

実際ハイピッチのクレンジングオイルがマツエクに使えると口コミしている方がいます。

 

確かにこれを使って1週間ぐらい経つがマツエクでも全然支障がないと書いてあったのです。

 

マツエクでもクレンジングオイルが使えるのは、シアノアクリレート系の成分を使用している場合です。

 

シアノアクリレート系としてはブチルシアノアクリレート、エチルシアノアクリレート、メトキシエチルシアノアクリレートが使われる場合がほとんどです。

 

もしかしたらハイピッチのクレンジングオイルが配合されているミネラルオイルが、極々微量だったのかもしれません。

 

いずれにしても、公式サイトでマツエクに使用可能と書かれていませんがシールが貼ってあるなら大丈夫ということです。。

ハイピッチのクレンジングオイルは値段が安く、口コミも良いです。どんな口コミがあるのか調べてみました。

 

  • ダブル洗顔は不要だけどメイクの汚れがしっかり落ちます
  • 敏感肌でも使えるクレンジングオイルで肌が乾燥しにくいので、嬉しいです
  • プチプラだけど、クレンジングとメイクをなじませた後に流れ落ちが早く、肌もつっぱりません
  • 柑橘系の香りが良く、洗いあがりもさっぱりしていてなかなかの使い心地でした
  • マツエクにも使用しました

 

このようにハイピッチのクレンジングオイルをマツエクに使用している方が確かにいました。また、価格の割りに使い勝手がよく、肌荒れしないという口コミが本当に多かったです。

 

⇒ハイピッチクレンジングオイルを見る

 

ただしハイピッチのクレンジングオイルをマツエクに使用するのは、あくまでも自己責任です。

 

成分中にミネラルオイルが入ってるので、ハイピッチクレンジングオイルがマツエクに使えるとは言い切れません。他社のクレンジングオイルでマツエクに使用OKとはっきり書かれていても、マツエクが抜けてしまった方もいました。

 

ハイピッチのクレンジングオイルに乗り換える方は、もともとクレンジングオイルが好きな方、他社のマツエクOKのクレンジングオイルを使っているけれど価格が高いので乗り換えたい方が多いようです。

 

他社の製品である、ファンケルやDHCのクレンジングオイルは、公式サイトでマツエクに使えるとハッキリ書いています。

 

ファンケルは安いですが、DHCの価格は2700円くらいするのでお金に余裕がない時には安いものを使いたいと思いますよね。

 

それならばアテニアスキンクリアクレンズオイルを使ってみてはいかがでしょうか?

アテニアスキンクリアクレンズオイルは高そうなイメージがあるかもしれません。

 

しかし1本1700円で購入できるのでブランドのクレンジングオイルとしては安い方です。もちろんマツエクに使えると公式サイトで書かれています。

 

また濡れた手でも使用でき、ダブル洗顔不要なのでハイピッチのクレンジングオイルと使い勝手がほとんど変わりません。

 

アテニアは百貨店でも販売されてるので、もっと高いクレンジングだと思っている方も多いでしょう。

しかし元々アテニア自体が、高級な原材料を使用した化粧品をできるだけ安く消費者に届けることを経営理念としているので、こんなに安く高品質の化粧品を製造販売してるのです。

 

アテニアのクレンジングオイルの全成分を表示しておきます。

 

エチルヘキサン酸セチル、ジイソノナン酸BG、ジイソステアリン酸ポリグリセリル−10、オクタイソノナン酸ポリグリセリル−20、ヘキサカプリル酸ポリグリセリル−20、(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル、シスツスモンスペリエンシスエキス、ヘリクリスムイタリクムエキス、バオバブ種子油、アルガニアスピノサ核油、アメリカネズコ木水、レモングラス油、ベルガモット果実油、ビターオレンジ花油、ラベンダー油、パーム油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、パルミチン酸アスコルビル、ステアリン酸イヌリン、トコフェロール、香料、フェノキシエタノール

 

他の特徴としては古い角質を除去するロックローズオイル配合、柑橘系をはじめとするアロマオイル配合などが挙げられます。

 

ハイピッチのクレンジングオイルと同じく柑橘系の匂いなので、あまり違和感を感じることなく使えるのではないでしょうか?

マツエクはそんなに安いものではありません。2〜3週間ごとに施術してもらうためにサロンに通う必要があります。

 

マツエクをできるだけきれいに長持ちさせるためには毎日のクレンジングはとても重要です。

 

洗顔中に入っているオイルの種類にも気をつけるようにというアドバイスもあります。

 

ハイピッチのクレンジングオイルをマツエクに使いたいとお考えの方はアテニアを試してみることをおすすめします。

 

 

ハイピッチクレンジングオイルをマツエクに使用している方の口コミ

ハイピッチクレンジングオイルをマツエクに使用している方の口コミをまとめました。ハイピッチクレンジングオイルにはマイルドタイプとディープタイプの2種類あります。

 

マイルドタイプは肌に負担をあまりかけずに使えるクレンジングオイルで、ディープクレンジングオイルは手や顔が濡れていても風呂場でも使えるのが特徴です。

 

それぞれのハイピッチクレンジングでマツエクに使用している方の口コミを調べてみました。

 

まずはハイピッチクレンジングマイルドタイプをマツエクに使用している方の口コミです。

 

評価:★★★★★
マツエクをしているので最近水クレンジングばかり使っていますが、オイルタイプを使ってみたくなったので買いました。さらっとした感じで乾燥も気にならなかったのでまたリピするかもしれません。
評価:★★★★☆
マツエクを使用していても使えるとのことだったのでハイピッチクレンジングを購入しました。洗い上がりは少しヌルヌルが残るような気がしますので、本当はダブル洗顔不要ですが洗顔しています。
評価:★★★★★
ハイピッチクレンジングはマツエクOKで1回でするんと汚れが落ち、2度洗いしなくてもいいくらいさっぱりします。

 

それからニキビができにくくなりました。ハイピッチのクレンジングオイルはマツエクに使えるので万能です。

 

次にハイピッチクレンジングオイルディープタイプをマツエクに使用した方の口コミです。

 

評価:★★★☆☆
ドラックストアでハイピッチクレンジングがマツエクOKのパッケージを見て購入しました。しかし、私の場合はマツエクが取りやすくなるような気がして、使用するのをやめました。
評価:★★★★★
マツエクしていても、オイルクレンジングが使いたくてハイピッチのクレンジングオイルを見つけました。毛穴の汚れも落ちるし、つっぱらないし、安いので大満足です。

 

マツエクの根元をあまり触らないように丁寧にメイクをオフするのがポイントです。

評価:★★★★★
普段マツエクしているので、ジェルやリキッドタイプのクレンジングを使うことが多いのですが、ハイピッチのクレンジングオイルはマツエクOKとのことで、購入してみました。

 

角栓がポロッと取れたり軽くクルクルとマッサージするだけで綺麗にメイクが落ちるので良いと思います。

 

しかし、残念ながらこのような口コミもありました。

 

 

安いし、発育にも使えるということで購入しましたが、やはり荒い使用感で肌荒れしました。


 

パッケージにマツエクに使用OKというシールが貼られたものが販売されているようです。しかし、なぜかマツエクが取れてしまった方もいるので、念のためにグルーの成分を確認しておくほうがよさそうです。
エクステが気になるならアテニアのクレンジングもチェックしてみてください。